サイト内検索

青木栄美子アナ(NHK富山放送局契約キャスター)


YouTube リアルタイム検索 Google画像検索 ウィキペディア線

名前青木 栄美子
(あおき えみこ)
生年月日1989年4月19日
出身地富山県
最終学歴富山国際大学
入局2023年
配偶者
関連
担当番組

ニュース(土~日曜日・祝日)


経歴


実家の民宿「あおまさ」で女将をしながら、動画クリエーターやアナウンサーとしても活動をしています。
「あおまさ」は、祖父の名前“あおきまさのり”が由来となっています。

実家の温泉に入浴する青木アナ(21年)
YouTube_20230507150818e77.jpg

https://www.youtube.com/リンク


2023年5月、ひろゆきさんが「あおまさ」に来店しました。

『【あのひろゆきさんが氷見に!】
なんと!2chの開設者、ひろゆきさんがYouTubeの撮影で氷見に遊びに来てくださいました😊
サウナ後のクールダウンは富山湾を満喫🌊

お昼の食事では、白エビのお刺身やホタルイカのボイル、氷見朝どれのブリやタイなどの魚を「美味しい」と食べてくださいました🐟✨
また、HPが無く、ネット予約もしていないうちの宿を「ヤル気がない宿」と楽しくイジってくださり…😂笑笑笑
思い出に残る1日でした☺️感謝❤️

今後高橋弘樹さんのYouTube、ReHacQ旅で放送予定とのこと🌸ありがとうございました✨』

インスタグラム
出典 青木アナのインスタグラム(5月2日)


ReHacQ旅(5月)
YouTube_202306050734580fd.jpg

https://www.youtube.com/リンク



子供の頃はバレエを習っていました。

中学は新体操部に所属。高校時代はお好み焼き屋さんでアルバイトをしていました。
大学ではビーチボールサークルとテニス部に所属。

小・中学生の頃は雑誌Seventeenのモデルに憧れ、周りには内緒で様々なモデルオーディションを受けました。

中学生の時に書類選考が通り、都内で行われたオーディションにも参加しました。結果は落選。納得がいかず理由をその場で聞きました。
『あなたくらいの容姿だったらいくらでもいる』。
手厳しい答えでした。しかしそこで学んだといいます。容姿で食べていける人はほんの一握りで、何か人を惹きつける芸を身に着けないといけない。

高校生の時、富山の小さなタレント事務所に所属し、喋るトレーニングを始めました。事務所にいた天使のような女性アナウンサーに憧れ、アナウンサーを志したといいます。富山のアナウンススクールにも通うようになりました。

大学4年生になり、迎えた12月。周囲とは裏腹に就職先が決まらない日々。
そんなある日、NHK富山放送局がキャスターを募集していることをネットで知り、受験しました。それでも面接が終わった帰り道は、落ちたと思い泣きながら帰路に着いたといいます。
なので、期せず届いた吉報の電話は取りそこね、2度目の着信で採用されたことを知りました。

「いみずトーキングFMコミュニティ」(22年4月)
YouTube_20230507152628dd5.jpg

https://www.youtube.com/リンク



NHKの契約キャスターとして富山放送局(2012年~16年3月)、金沢放送局(16年~17年3月)に在籍。

民放の富山テレビ(2017年4月~21年3月)にはアナウンサーとして在籍し、「プライムニュース BBTチャンネル8」などを担当しました(報道記者を一時兼務)。
『本当に忙しかったんですけど、色々な人と出合えることがすごく楽しくて。例えば取材で、普段なかなか見られないものを見ることができたり、なかなか聞くことのできない話を聞くとすごく満たされるものがありましたね。その中で富山の良いところを感じて、“こんないいところがあるじゃん”って、やはり地元で仕事ができてよかったなと納得もあり、充実もしていました。そういう意味で富山テレビでは色々な経験をできた4年間だったと思います』

富山テレビを退社後、動画クリエーターとしても活動するようになった青木アナ。動画編集のスキルは、富山テレビ時代に身についたといいます。
『動画制作を始めようと思ったのは、放送媒体がインターネット中心に変わっていくのを感じていたからです。富山がまだこれからだなというのを実感する中で、自分で動画を作ってネットに出している人が少なかったので、それでやっていこうと思いました。

何か自分のスキルで地元の人に喜んでもらえる仕事として、ネットでの動画制作はライバルも少ないので何とか仕事になるのではないかと思って始めたところはあります。テレビ局で制作していたような高いクオリティーで動画を提供することで、喜んでもらえるんじゃないかなと』


動画クリエーターになった当初は、富山では前例のない挑戦だけに周囲は不安視をしていました。
『初めてのお客様からしたら、私に動画制作の仕事をお願いしづらいじゃないですか。ディレクターでもカメラマンでもない元アナウンサーに動画制作の仕事を頼めるかという…。やはり、最初はなかなか厳しかったですね。

でも、だんだんとYouTubeなどで動画制作のクオリティーも周知されていく中で、“青木さんこんな感じで動画を作ってくれるんだ”って認知も広がって、仕事も徐々に頂けるようになりました』


出典 トヤマズカン

青木アナが制作した北陸コカ・コーラボトリングのPR動画(22年7月)
YouTube_2023050720104228c.jpg

https://www.youtube.com/リンク



2023年、NHK富山放送局に復帰。「ニュース」(土~日曜日・祝日)を担当。

「ニュース」(5月6日)
NHK_20230507221341b6b.jpg

https://www3.nhk.or.jp/リンク



人柄


趣味美味しい食材探し
特技イカ料理
キャスターを志したきっかけ地元富山で伝える仕事がしたい!と思ったからです
キャスターになっていなかったら観光系の接客業でしょうか。人と話すのが好きなので。美術やデザイン系の仕事にも憧れがあります
自分のすきなところ大きい声が出るところ。にぎやかな居酒屋で店員さんに声をかけるときにも役立ちます
似ていると言われる有名人水卜麻美アナ(日本テレビ)白石麻衣さん
幸せを感じるとき予定で埋まったスケジュール帳を眺めているとき。暇が苦手で、仕事でも休日でもなるべく忙しく動いていたいマグロのような人間です
人生最後の食事は何を食べる普段買えないような高級フルーツでお腹を満たしたいです


    最新記事





    関連記事




    • Comment:0
    • Trackback:0

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply

    当サイトは女性アナウンサーに関する最新の情報、話題をできるだけ載せているサイトです。
    記事において問題等がございましたら、御連絡を下さい。
    メールフォーム

    Designed by Akira.

    Copyright © 女子アナ大名鑑 All Rights Reserved.