サイト内検索

木下愛季子アナ(NHK千葉放送局契約キャスター)


YouTube リアルタイム検索 Google画像検索 ウィキペディア

名前木下 愛季子
(きのした あきこ)
生年月日1997年7月19日
出身地千葉県
最終学歴千葉大学
入局2023年
配偶者
関連
担当番組

経歴


小学校5~6年生の時は放送委員会に所属し、お昼の放送で詩を朗読していました。
金子みすゞさんの詩(「私と小鳥と鈴と」)を鈴を鳴らしながら朗読したところ、友達に『上手だね』と褒められたといいます。
『そのときからいつか、自分の声や語りで人の役に立てる仕事がしたい』と思うようになりました。

大学では教育学部に在籍し、小学校教諭を目指していました。

出典 NHK山形放送局時代のブログ

大学3年生の時、千葉シティ5BEACHエンジェルスに選出され、観光大使として2年間(千葉市の5つのビーチエリアをPRする)活動をしました。

千葉シティ5BEACHエンジェルス時代(15年)
YouTube_201805021106597d4.jpg
自作の曲「いつかこの海で」のMV(15年)
YouTube_20180502111208659.jpg

https://www.youtube.com/リンク


「いつかこの海で」をギターで弾き語り(15年)
YouTube_2018050211104171a.jpg

https://www.youtube.com/リンク



大学卒業後は千葉県の企業に勤務。



2017年から21年までNHK山形放送局に契約キャスターとして在籍。1年目から「やままる」でキャスターを担当。

「やままる」(18年)
YouTube_20190408223256d40.jpg

https://www.youtube.com/リンク


「パプリカ山形放送局ver.」(19年5月)
YouTube_20200408141945683.jpg
2020年度から「やままる」のリポーターを担当。



2021年4月から22年3月まで父親の故郷である富山県のチューリップテレビにアナウンサーとして在籍。



2022年4月から23年3月までNHK甲府放送局に契約キャスターとして在籍。「Newsかいドキ」を担当。

『/千葉県には低い山しかありませんが(笑)、志だけは山梨の高い山、富士山レベルで頑張りたいと思います。皆さん、今までありがとうございました!(23年3月22日)』

木下アナ直筆の卒業の挨拶
ツイッター
出典 一般の方のツイッター(23年4月4日)



2023年4月、NHK千葉放送局に契約キャスターとして入局。木下アナは八千代市出身です。

「花ラジちば」の告知(1月)
X_20240421154342dc5.jpg

https://twitter.com/リンク



人柄


モットー為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり
好きな言葉あいさつは自分から
趣味・特技温泉巡り(蔵王などにおいがある温泉が好きです)、時短料理(タマネギの酢漬けを添えれば何でも絶品)、自作曲のギター弾き語り、子どもと仲良くなる(学校での取材時、児童からよく“先生になってよ!”とオファーをいただきます)、マラソン(富山でフルマラソン完走)
苦手なものおしゃれ(残念すぎるファッションセンス)
大好物焼肉、お刺身、だだちゃ豆
アナウンサー・キャスターになったきっかけ小学校5・6年生のときに所属した放送委員会です。お昼の放送で詩を朗読するコーナーがあって、マイクの前で右手に鈴を握りリンリン鳴らしながら(BGMのつもりでした)金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」の朗読をしていました。放送を聴いた友だちが『上手だね』と褒めてくれました。とてもうれしかったのを覚えています。そのときからいつか、自分の声や語りで人の役に立てる仕事がしたいと思いました
山梨のイチオシありふれた町の歩道橋を上ると…ぽこんと出た白い頭!日常の中に富士山が見える風景にびっくりしました
私のイチ推し“千葉の海辺”大学時代、友人と真冬の九十九里浜で見た流星群が忘れられません星はきれいでしたが、“寒い”をこえて海風が“痛かった”です…。“温泉”山形や富山など雪国での勤務で、たくさんの温泉に入ってきました。服にうつるほどの強い硫黄の香り、山形の蔵王温泉。サイダーみたいに透き通ったお湯、富山の宇奈月温泉がお気に入り。千葉のイチ推し温泉も見つけたいです
これまでで一番感動したこと『めんごい娘を見るように、あなたを応援しています』と視聴者のおばあちゃんから温かい手紙を頂いたこと
チャレンジしたいこと海釣りで大きな魚をゲットしたいです


    最新記事




    同局のアナウンサー
    関連記事




    • Comment:0
    • Trackback:0

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply

    当サイトは女性アナウンサーに関する最新の情報、話題をできるだけ載せているサイトです。
    記事において問題等がございましたら、御連絡を下さい。
    メールフォーム

    Designed by Akira.

    Copyright © 女子アナ大名鑑 All Rights Reserved.